calendar
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
archives
201502 (1) 201412 (2) 201410 (1) 201401 (1) 201311 (1) 201308 (1) 201303 (1) 201301 (1) 201209 (2) 201208 (1) 201207 (1) 201206 (4) 201204 (2) 201203 (5) 201202 (3) 201201 (4) 201111 (4) 201110 (2) 201109 (2) 201108 (3) 201104 (4) 201103 (1) 201102 (2) 201101 (1) 201012 (1) 201010 (1) 201009 (2) 201007 (2) 201006 (6) 201005 (2) 201003 (2) 201002 (1) 201001 (1) 200912 (8) 200911 (5)
tags
TalkToOneself (58) favorite (17) mono (6)
others
admin
search this site.

Next Stage3

LED蛍光灯に関しては、蛍光管にセンサーがついているものも発売されていた。
人感センサーや
日中は抑え気味に、暗くなってくると明るくなる照度センサータイプなど。

DSCF0676.JPG

DSCF0678.JPG

違うブースには、両面太陽光発電システムが。初めてみた。。。

DSCF0712.JPG

ケーブルも天井裏へ直接IN。
野暮ったいケーブルが露出せずスッキリ。

DSCF0713.JPG

反射光で裏面発電している為、白い反射板が設置される。
排熱処理も計算されているっぽい。

DSCF0709.JPG
さらに効率よく。。。どんどん進化していってるなぁ。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

Next Stage2

身近なところで
LED電球が普及しているが、
ようやく全方向拡散型のLED電球も各メーカー出そろったようだ。

DSCF0681.JPG

DSCF0683.JPG

DSCF0689.JPG

中でも このクリア球にはビックリ。
見た目、ホントの電球と変わらない。

DSCF0690.JPG

パナソニックのLEDの波長制御応用技術により、肌の色は美しく、モノの色は自然に見せる「美光色LED照明器具」

DSCF0692.JPG

DSCF0691.JPG

左が「美光色LED」、右が「従来のLED」 こうしてみると違いが判る。
化粧品売場、パウダールーム、フィッティングルーム、美容室、受付カウンターなどにお薦め




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

Next Stage

LED Next Stage 2012

2011.03.11東日本大震災
あの時、この展示会の帰りだった。
携帯電話も繋がらず、交通機関はマヒ。
駅は帰宅難民者で溢れかえり、
我々は彷徨いながら2時間歩き
ようやく辿り着いたホテルは
ロビーは宿泊難民者で溢れかえり、
つけたテレビでは、悲惨な状況が映し出され
愕然とした。

未だに震災復興について政府の方針がハッキリしない為に
被災者の厳しい状況は変わっていない。

複雑な想いを持ちつつも
あの時、泊まったホテルに再び予約して
今年の展示会に向かった。

DSCF0674.JPG

DSCF0675.JPG

あの時、止まったままの自分を進める為に。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ドラゴン・タトゥーの女

レイトショーで「ドラゴン・タトゥーの女」観てきた。
40年前の失踪事件の真相追究を依頼され。。。
最初は、誰が何だか良く解らん。。。からの、どんどんハマっていった。



ダニエル・クレイグも良かったけどルーニー・マーラがカッコ良くて、切なかった。
名優クリストファー・プラマーもいい味だしてた。
全体的にとても面白かった。


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

David LaChapelle

知るキッカケは些細な事から、
そこから奥に踏み込んでいくかは、好奇心。

40528387.jpg

アンディー・ウォーホールに影響され、彼のファクトリーでアートを学んだ写真家。

Lever_House_Interior_Art_237376_resizedimage2.jpg

初めてアンディー・ウォーホールの作品を見たときと同じように

ラシャペルの作品から感じる何かを大切にしていきたい。

100321_03_BRUCE_LEE_GAMEOFDEATH1.jpg

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17