calendar
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
archives
201502 (1) 201412 (2) 201410 (1) 201401 (1) 201311 (1) 201308 (1) 201303 (1) 201301 (1) 201209 (2) 201208 (1) 201207 (1) 201206 (4) 201204 (2) 201203 (5) 201202 (3) 201201 (4) 201111 (4) 201110 (2) 201109 (2) 201108 (3) 201104 (4) 201103 (1) 201102 (2) 201101 (1) 201012 (1) 201010 (1) 201009 (2) 201007 (2) 201006 (6) 201005 (2) 201003 (2) 201002 (1) 201001 (1) 200912 (8) 200911 (5)
tags
TalkToOneself (58) favorite (17) mono (6)
others
admin
search this site.

2011→2012

あっという間に2011も終わり。
たくさんの方と出会い、
いろいろな事があったなぁ。

1年間が無事終わる事に対しての感謝と
また新しい年に向けての誓いをする為に
近くの神社へ。

SBSH0015.JPG

立ち止まる事のない様、「前へ」一歩一歩、歩幅は小さくても確実に進んで行きたい。

SBSH0016.JPG

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

internet creative award

2011 グランプリ

space balloon live

ちょうど、子供と富士山に登って雲の上に行った時に感じた感覚。
何か「カラ」になる感じ。
あ~「カラ」を変換すると「空」か。。。

人は目に入ってくる映像に対して何かしらの感じている。
光があり、対象物が照らされ、風景や建物や人などを認識する。
イマドキなら、樹木や建物も人も、「ガヤガヤ」も あって当然だよね。

でも、この作品をみてると「カラ」を一緒に居なくてもリアルタイムに共有でき
同じ感覚を(個人によっては違うケド・・・)味わえる。
何かいいね。。。


オマケ「バーナー部門」
Switch
これもオサレ。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

One more thing・・・

自分のモノサシで、他人をハカッちゃダメなんだ。
いろんな人がいるんだ。

だから面白い。

(高城剛BLOGより)
誰になんて言われたっていいじゃないか。
間違ってるって言われたって、何度失敗したって構わない。
相手を否定して、自分を押し付けても、余計に自分を見失う。
地位や立場や欲望やその場限りの快楽に捕われず、ただ、正しいと感じた自分を信じて、魂が本当に喜ぶ事をする。
例え、それがいまの社会や誰かに嫌われる事なっても。

人生の最後の日まで、自分の人生を生きよう。
その日が今日であっても、50年後であっても。

誰のものでもない、自分の人生を最後まで生きよう


(スティーブ・ジョブズによるナレーション未放送版)

クレージーな人たちがいる。

反逆者。
厄介者。
トラブルメーカー。
社会に不適合だと言われる人。
そして、物事をまるで違う目で見る人たち。

彼らは規則に縛られない。
いまのままでいいなんてちっとも思っちゃいない。

彼らの言葉に心をうたれる人がいる。
反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる。
でも、彼らを無視することは、誰にも出来ない。
なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。

彼らは人間を前進させた。
時にはクレージーと言われることがあっても、

僕たちは彼らを天才だと思う。

自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、
本当に世界を変えていくのだから。



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

Move Like Jagger ft. ChristinaAguilera

ピリリリリリリリリリ~リリ~が残る。
ハマってるゎ。
クリスティーナ・アギレラもいいね。





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

BURLESQUE

クリスティーナ・アギレラは歌がウマいし、
ダンスもキマっていて、全体的にオサレ。

こういった映画は、ハマってしまう。



昔 観たムーラン・ルージュかコヨーテ・アグリみたいな。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17